« GRRMニュース | トップページ | ココログに不具合隠し体質? »

2005.04.06

左利き

左利きの同僚の愚痴を聞く。
右利きなので意識したことは無かったけれど、「世の中は右利き向けに造られている」というのは至言だと思いました。

腕時計を右手に付けると、竜頭の操作が極めて困難になります。
家電機器などの電源ボタンも右配置です。
ドアノブの位置も右手で開けることを前提にしてます。
こうして一つ一つ挙げてもキリが無く、左利きの人のストレスは想像を絶するものがあります。

そう、もう一つだけ付け加えるならば、自動販売機。
自販機の前で軽やかなサイドステップを踏んでいる人を見かけたら、きっと左利き・・・

「左利きの人は器用」と言われるようですが、努力と工夫で右利き社会を行き抜く中で、器用に成らざるを得ないのが事実のようです。

|

« GRRMニュース | トップページ | ココログに不具合隠し体質? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私の妹は左利きです。子供の頃、私は鉛筆で書いて、間違ったら、鉛筆を置き、消しゴムに持ち替えて消していました。もちろん全部右手で。妹は、字は右手で書く練習をしたので(筆順も断然右利き向きに出来ていますので)鉛筆を右手、消しゴムを左手に、持ち替える手間なく使っていました。
姉妹2人でごはんを食べる時、私が右側に座ると、箸を持つ手が外側になるので、ぴったりくっつけば、狭い所でも肘がぶつからず便利なこともありました。
ブルース・ウィリスは映画の中で、左手で字を書くのですが、くるっと手首をまるくして、逆さまからクルクルと〜おそらく筆記体で〜綴るのです。あれ見るの結構楽しみなんだ。

投稿: マキシム | 2005.04.10 00:10

マキシムさん、コメントをありがとうございます。
> 肘がぶつからず
座り位置が自然に決まって来るワケですね。「右利き同士だと競合する場面もスムーズに・・・」という利点は他にもありそう。

> ブルース・ウィリス
TVドラマでは「ブルームーン探偵社」では、よく文字を書く場面がありましたよね。
嗚呼、なんか「ハドソン・ホーク」を再び観たくなってきました(^_^)

投稿: Leon | 2005.04.10 07:58

BBSとダブってしまってごめんなさいね。昨夜は、出来ません、って言われたんだもん。
あぁ、なつかしの「ブルームーン探偵社」まだ髪の毛があったブルース・ウィリス。時々、シェークスピア風コスプレの回や、スタンリー・ドーネンに捧ぐ〜ミュージカルの回、ポール・ニューマン「暴力脱獄」のパロディの回など、楽しかった。ビデオが何本か録ってあったかな。「ハドソン・ホーク」は興行的にもコケ、不評でしたが、実は結構いいと思っています。歌で時間を計るなんざ憎いね。

投稿: マキシム | 2005.04.10 21:38

> ハドソン・ホーク
そうそう、「あの曲で行こうか?」なんて遣り取りが良いんですよねぇ。
ルパンIII世的なノリは、日本ではウケそうなカンジがしたのですけど、やっぱりマイナーなのか・・・

投稿: Leon | 2005.04.10 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左利き:

« GRRMニュース | トップページ | ココログに不具合隠し体質? »