« 愕然出張するつもりだった(BlogPet) | トップページ | 勝負パンツとパンツ勝負 »

2010.05.04

映画: タイタンの戦い

瞬間最大甲冑度: 87.2

オリンポスで、ギリシアの神々が勢揃いする場面では、女神はドレス姿だが、男神は皆光輝く甲冑を身につけて登場。

既視感があるのは、こーゆーコトらしいです。

これからは、日本のアニメ輸出が、フィードバックされることも珍しくなくなるのでしょう。

主人公はゼウスの種の半身ペルセウスですが、ギリシア神話をそのまま映像化しているわけではなく、育ての親や義妹をハーデスによって殺されたため、神々に対して敵愾心を燃やしているという設定で、アンドロメダの遠回しな求婚も断ってしまいます。

巨大な怪物などのSFX を売りにしていることは明白であるものの、「旅の仲間」的な要素を組み込んで、それなりのドラマに仕上げています。

とは言え、ギリシア神話にも甲冑にも興味が無いという向きにとっては「なんじゃこりゃ」という印象になりそう。

|

« 愕然出張するつもりだった(BlogPet) | トップページ | 勝負パンツとパンツ勝負 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1064/48278804

この記事へのトラックバック一覧です: 映画: タイタンの戦い:

« 愕然出張するつもりだった(BlogPet) | トップページ | 勝負パンツとパンツ勝負 »