« ヴォーパル(BlogPet) | トップページ | ロボット »

2010.11.01

ヴァルデマール

「盗人の報復」を読了しました。
スキッフの登場する最初のエピソードです。

宮廷内の陰謀など、社会的ヒエラルキーの上層面が取り扱われることの多いシリーズですが、今回は最底辺が主な舞台。

毛色が変わっいて楽しめましたが、独特の世界観は一貫しています。

それは、円グラフのイメージで言うと、半円分は女性という1つのカテゴリで、残りの半分が女性や子供に暴力を振るう男性とゲイで占められます。

スキッフは、その何れにも属さない、円グラフの中では毛筋ほどの面積しかない希少な男子ですが、マイノリティ代表として、今後の活躍にも期待。

|

« ヴォーパル(BlogPet) | トップページ | ロボット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァルデマール:

« ヴォーパル(BlogPet) | トップページ | ロボット »