カテゴリー「ファッション・アクセサリ」の17件の記事

2010.11.03

ボンディング

紳士服店でコートを物色。

店員が御用聞きに近づいてきたので「ボンディング加工されたものは避けたい」とだけ伝えると、「そのような商品は殆ど無い」との返事。

しかし、実際にタグなどを見てみると、7割ほどはボンディング加工との表示があった。
少ない選択肢の中から一着を選んで支払いをする際に、店員に「これはボンディング加工ではないですよね」と確認すると、どこかへ確認に行って「そのような表示がないのでボンディングではありません」と言う。

表示がないのは百も承知だし、そもそも「殆ど無い」と言っていたことからして商品知識が怪しい。
「では一筆書いて下さい」と言うと、またどこかへ確認に行き「私共ではボンディング加工ではないとは言いきれない」と前言撤回。

当初から「ボンディング加工されたものは避けたい」と伝えているのに、酷い商売をするものだ。
ボンディング加工そのものが、買い替えサイクルを早めるための陰謀のように思えてくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.24

着る毛布


SLANKET スランケット チョコレート SK01CHC 昨年、機内雑誌で始めて知った「スランケット」。

帰国後でも買えるだろうと高を括っていたら、何故か日本では茶色のラインナップは無しで、今年から買えるようになりました。

本当は後ろ身頃で合わせるらしいけど、茶色のスランケットを前で合わせると、ジェダイっぽいんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.05.05

勝負パンツとパンツ勝負

以外にパンツネタが多いブログであることに、今日気づきました・・・

さて、ここ一番というときに身に付けたい勝負パンツとして甲冑パンツなどがあるわけですが、最近、パンツ業界を震撼させる実験が行われたようです。

プープーテレビ: ノーパンボウリング

「履かない方が勝つ」という予想外の結果で出ていますが、一見コペルニクス的転回と思われるこの実験も、理論上は予測されていました。

TYLER BOLD

所謂「ひもパン」の最終形態は、「この世に一石を投じる」というキャッチコピーまで付けられており、行き着く先も見えていたのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.03

スランケット

そろそろ温かくなってくるのでしょうけれど、今頃になってスランケットが欲しくなりました。

類似商品も沢山出回っていますが、オリジナルは日本の掻巻 だと思います。

輸入品だと、カラーが限定されていますが、Chocolate を着ればジェダイ・マスター気分も味わえる模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.18

女子

MSN産経ニュース: 【都市伝説を追う】各地で急増する“女子”たち… 何歳までが女子ですか?

「最近、“女子”が増えてないか?」-。きっかけは、先輩男性記者の一言だった。「女子会」「女子力」「大人女子」など、確かにここ数年、メディア上で女子の2文字が目につくようになった。そういえば、アラサー、アラフォー世代の女性も自分たちのことを「女子」と呼んでいるような…。いったい、女子は何歳までなのか-。29歳の自称“女子”記者が、後輩の若手男性記者、S君(23)と取材チームを結成、いまどきの女子像を探ってみた。

30代にとっては30代までが、40代にとっては40代までが適用され、逆に20歳前後からは次のような意見が。
「大人が自分を女子というのは、自分の年齢を受け入れていないイメージ」

小さい、実に小さいですね。
もう、年齢の受け入れを云々しているような場合じゃありませんよ。
Amacam_2
てっきり、Amazon がカテゴリ分けでミスしただけのことかと思っていたら、女装子の時代が到来しているようです。
デパートなども、メンズとレディスという従来型のフロア分けでは試着室でのトラブルが危惧されます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.10

Leon's Accessory Shop

Amazon で「ジュエリー」ストアがオープンしたことに伴い、拙サイトでもアフィリエイト対象を追加。

ちょっぴり特殊なランイナップかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

眼鏡

引越し直前に壊してしまい、予備用で凌いでいたので修理のために眼鏡店へ。

店員の口から「あー、ヨロイが折れちゃったんですね」と言われて、初めてテンプルとリムの接合部分が「ヨロイ」という名称であることを知りました。

戦国武将の肩鎧にその形状が似ていることから付いたとのことですが、納得ですね。

参考: HOYA株式会社


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.22

目出し帽


ミズノ:ブレスサーモ バラクラバ フェイスウォーマー / 73ZB-84109 本格的に寒くなってきましたが重油高騰の関係からか未だに暖房の入れてもらえない職場で毎朝6時から働いてますが魚屋さんとかじゃありませんLeonです。(これんさんをパクってみた)

寒気は寒さから痛さへと変化するにつれ、これまでは選択肢の中にというか、多分俎上に載せたこともない「目出し帽」が気になってきました。

コンビニでもヘルメットは禁止ですが、目出し帽は特に禁じられていませんし。

っていうか、目出し帽被ってる人が入ってきた時点で警報器を鳴らすようなマニュアルがあるような気もしますが・・・

頻繁な職質の可能性にさえ目を瞑れば、イケてるアイテムなのになぁ。

参考リンク:google News "目出し帽"


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.02

ファッション・リーダーの資格

ファッション・リーダーに求められる資質は、その実ファッションに左右されない個性なのではないだろうか。

そうでないとすれば、「○○の着ている□□」ではなく「□□を着た○○」となり、人間とファッションの関係が逆転してしまう。

そうしてみると、私もファッション・リーダーとしての資格があるのかも知れない。

結論
今日、「何を着てもパジャマに見えるね」と言われました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

どんぶく

冬に備えて綿入れ半纏を探してますが、なかなか見つかりません。

どうも、北海道だけではなく青森の人も暖房をガンガン焚いて室内は半袖で過ごすのが普通のようです。

宮城、岩手、山形あたりの方言では共通的に「どんぶく」と言いますが、語感だけでも暖かいのになぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧