カテゴリー「ペット」の5件の記事

2010.02.11

逆転の発想

416go4jhq2l__sl160_aa160_
風に煽られ、傘がお椀型になってしまうというのは誰しも経験のあるシチュエーション。

写真の傘は、柄まで曲がってしまい、もう使い物にならないカンジですが、実は新品の犬用

製作者の犬に対する強い愛情が感じられる商品ですが、実際に雨の日の散歩に使うことを考えると、飼い主自身の傘もあるので、両手がふさがってしまいますね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

打ちのめされた

郵便受けに入っていたペットサロンのトリミング料金は、特別セールにも関わらず、自分の行きつけの床屋よりも高かった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.11

コッピー

実家に帰省すると、小さな瓶の中に二匹の小魚を飼っていた。

コッピー」と言うらしい。

蓋が閉まっているので酸欠になるのではないかと口にしたら、瓶の中の水草が光合成するので大丈夫だとか。

簡易ビオトープというところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.03

バカな仔ほど

昼から友人宅でバーベキュー。

飼い犬が居たので、久しぶりに犬と戯れる。

散歩に連れて行くと引き綱をグングン引っ張って自らの首を絞め続けるタイプのバカ犬でしたが、以前に自分が飼っていたバカ犬を思い出させます。

犬飼いたいなぁ。

DST:3.87km ODO:619km AV:17.9km/h MS:25.6km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.31

亀ニュース

ディブラー: 「すまん、すまん。どいういう意味かな? 分った。カメの彫像ならいいかな? 考えていたんだ。カッコいいのを。ところで、いままで揺れる彫像ってみたことないでしょ? とてもいいと思うんだ。揺れる彫像は。オッソリーの像はオッソリーの断食日には揺れるんだ。規則ただしく。ちょっとしたビストン装置を基礎におくんだ。どの預言者にもお薦めなんだ」

オム: 第十二節。微笑ましい。小さき預言者よ。勝手にお前のカメを売れ。

ディブラー: 「実は」ディブラーが言った。「もうすでにニ、三デザインを描いている・・・・・」

オムは消えた。瞬時雷鳴が轟いた。ディブラーは自分のスケッチをジッと見つめていた。

ディブラー: 「・・・・・しかし、ずっと小さいものにしないと」彼は、ほとんど独り言のように呟いた。


以上、テリー・ブラチェット著「異端審問」より

そんな経緯を踏まえて(?)タカラから販売されている「ウォーキービッツ」ですが、全国3億2千万亀マニアの要望を受ける形で、新ラインナップが発表されてました。

今回新たに加わったのは、映画「GAMERA 小さき勇者たち」のタイアップ・バージョンと「ミドリガメ」、「ゼニガメ」、「ホシガメ」の三種類から成るネイチャー・シリーズ。

ネイチャー・シリーズに関しては、今後ミューレンベルグイシガメとかサルビンオオニオイガメとかフロリダアカハラガメとかキマダラチズガメとかインプレッサムツアシガメとか(以下略)などの追加ランナップが期待されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)