カテゴリー「携帯・デジカメ」の6件の記事

2008.01.12

野生の勘

Img_0028_2
買い物に出かけたついでに、渡り鳥の居る堤を覗いてみました。

他にも沢山人が居て、オオハクチョウやコハクチョウが人気ですが、オオバンやオナガガモやカルガモも人懐こく寄ってきます。

しかし気温は-8度と寒く、特に防寒装備をしていなかった私はあまり長い時間見ることは出来ないので、取り敢えず写真を撮ろうと思いカメラのレンズを向けました。

ファインダーに写るカルガモを観ながら、「ダウンのコートでも買おうかな・・・」という考えが脳裏を過ぎったのは寒さの悪戯でしょうか。

十分なダウン羽毛に包まれつつも悪寒を感じたらしいカルガモたちは急に方向を転じてしまい、シャッターを切ったときには後姿に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.26

N905i

Product_tn_n905i
携帯電話の機種を[N902ix]から[N905i]に変更。

新しい機種は価格が高いように感じるけれど、「デジカメ+インターネット端末+音楽プレイヤー+GPS端末+小型液晶テレビ+目覚まし時計」の複合製品にオマケ(?)で電話機能まで付いていることを考えれば激安と言えるのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

携帯買い替え

自転車での気侭なポタリングのために、GPS 付きの携帯が欲しいのですが、なかなか気に入った機種がありまん。

機能的には満足できるものが幾つかあるのですが、どうもデザインがピンと来なくて。

何れにせよ、雪で暫く自転車には乗れないため、検討には時間をかけられるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.04

CANON iMAGE GATEWAY

Blue_impulse
先日は、入間基地の航空祭に行って来ました。

大空を舞台にしたイベントである航空ショーは行列とは無縁かと思いきや、「もうアクロバット飛行とかそんなんはどーでも良いからっ!」という雰囲気の数百の方々がトイレ村(?)に並んでいる様子が印象的でした。

さて、CANON のデジカメを買うとWEB上でフォトアルバムやプリントサービスが提供される「CANON iMAGE GATEWAY」というサービスが付いてきます。

デジカメ購入以来、かれこれ2年以上も全く利用していなかったのですが、先日の航空祭で撮ったものをアップロードしてみました。

被写体の焦点が変化することジェット戦闘機以上に甚だしいものもないと思うのですが、やはりピンボケが多数。

ハートを矢が貫く「Q・ピット」は丁度レンズに収まりましたが、五芒星を描く「スター・クロス」は最も広角でも中心の五角形しか収められずに残念。

ちなみに、白煙を吐きながら真っ逆さまに落ちてくる航空機を見かけた場合、それがブルーインパルスでもなければきっと墜落中なので逃げましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.23

jig browser

携帯電話用のフル・ブラウザ"jig browser" を導入してみました。

狭い画面を考慮して色々と使い勝手が工夫されており、例えば文章中心のサイトを見る場合には”文章ビュー”というモードにすると、携帯の画面サイズに最適化されて縦スクロールだけでサイト全体を閲覧できるようになります。

「ブラウザは無料」という感覚があるので月額630円というのはちょっとアレですが、ものは考え様。
いつもPC でチェックしている nifty のメールを携帯電話で読むためには、[月額 200円/1メールアドレス]のモバイルメールというサービスを利用するしかありませんでしたが、jig browser のプラグインを使えばどんなpop サーバのアカウントにでもアクセス可能。

地図など通常のサイトなら無料の情報が、携帯専用サイトでは有料となる場合も多いので、利用形態によっては有料でもフル・ブラウザの方が低コストになるってこともありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.11

フォト・ストレージとボキャブラリー


Apple iPod Photo 60GB M9586J/A

まだ耳慣れない「フォト・ストレージ」ですが、左のApple iPod Photo を筆頭に売行きは好調のよう。
カメラがアナログからデジタルへ移行したのですから、アルバムもデシタル化へ進むのは当然の流れというところでしょうか。

さて、そんな時代の流れに乗るために必要となってくると思われるのがボキャブラリーの強化です。
アナログ時代はパスケースやミニアルバムが担っていた役割を果たすことになるフォト・ストレージは数十ギガバイトの容量。
つまり、これまでは数枚~十数枚程度しか持ち歩けなかった写真が一気に数百万枚になることに。

例えば職場の同僚などから「ちょっと見て見て、ウチの子が初めてハイハイしたんだ!」と、四つん這い状態の嬰児の写真を得意げに披露された場合、アナログ時代は「いやぁ、可愛いですねぇ」ぐらいの返答が出来れば世の中円満だったわけですが、デシタル時代ともなると写真判定でも求めるかのような連続写真になると考えられます。

数枚の写真にコメントするのはさして難しくはありませんが、これが数十枚、数百枚ともなれば「可愛い」のようなありきたりのボキャブラリーのみで対処するのは極めて困難。

まずは新たな時代を生き抜くだけのボキャブラリーがあるのか否かをテストしてみることをお勧めします。
gooラボ: 語彙数推定テスト ボギャ王(ボキャキング)

54,370

| | コメント (3) | トラックバック (0)