カテゴリー「旅行・地域」の19件の記事

2011.01.09

魚心あれば水心

Img_0790
久しぶりにロックハート城へ。

スーツケースを転がしている人が沢山居て不思議に思ったのですが、城内に入ると理由が判明。

コスプレの撮影会でした。

テーマパークとしてはマイナーなロックハート城ですが、結婚式場やフィルムコミッションなどで、国内では稀有な存在をアピールしているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.07

甲冑 西と東

BBS でまきさんから教えて頂いた板橋区立郷土資料館の企画展「甲冑 西と東」へ。

西洋甲冑の殆どは三浦氏の手による複製品ですが、一部は16世紀の実物も。

和製甲冑の最終形とも言える南蛮銅は、西洋のハーフアーマーを模したもので、「以後予算増える鉄砲伝来」で鉄砲ばかりが印象深くなってしまっていますが、実は甲冑も伝来していたということが判ります。

和製甲冑では、前立てにうさぎちゃんをあしらった「南蛮笠型変兜」も必見。

しかし、武人にはうさちゃん好きな人が多いな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

ホッキーナ

Hokki
青森県S市の名物(にしようと企んでいる)「ほっき丼」のアピールのために創られたキャラクター。

今話題の”ゆるキャラ”に該当するのではないかと思う。

その緩さ加減ときたら、固く閉じ合わされているイメージのある二枚貝の中から、ズルりと出てきてしまうぐらいなのですから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.14

等身大着せ替え人形

Yoshitune
平泉へ。
中尊寺へと流れる人の列とは逆に義経堂へ一直線。

義経の伝説はランスロットのそれとちょっと似ていると思うのですが、間に北条政子を挟んで頼朝とドロドロしたりしてたら今日の人気は無かったでしょう。

義経堂は義経ファンだった江戸時代初期の仙台藩主伊達綱村が立てたもので、中には木造の義経像が安置されています。

同時代の木造としては

・頭部と兜とが別作りであること
・髻が付いていること
・鎧の上に衣を装っていること

が特徴とのことで、「着せ替え」を意図していたのかも知れません。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.03.23

道の駅「いかりがせき」

200803232149000

道の駅「いかりがせき」には温泉がある。
そしてなぜか甲冑もある。
そんなワケですから、私としては立ち寄らずに済ませることは出来なかったのですが、ケロリングッズを販売していることは知りませんでした。

以下、衝動買い一覧

ケロリン湯桶(関西版)
ケロリン湯桶キーホルダー
ケロリンフェイスタオル
ケロリンバスタオル
ケロリンホディタオル

温泉あり、甲冑あり、更にはケロリングッズまである道の駅「いかりがせき」。
当然観光案内や食事をするところもあって一見すると死角がないように思われますが、「たけのこソフトクリーム」は如何なものか。

地元の特産を練りこんだ「ご当地ソフト」ってビミョーなのが多いように思うのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.16

緊急レポート: 襟裳の冬

草木が芽吹き、冬ごもりしていた虫達が目覚め、小鳥達がその寝起きをパクっといただく

一般的にはそんな賑やかなイメージが想起される春ですら「何もない」と歌われる襟裳。

「その襟裳の冬はどんなコトになっちゃっているのか?」

そんな疑問を携えて、先日は襟裳へ出張(日帰り)しました。

「何もないって言ったって月面じゃあるまいし、この季節なら少なくとも雪はあるでしょ」とお考えのアナタ。
アナタは間違っています。

襟裳は風速10メートル以上の風の吹く日が年間290日以上もある日本屈指の強風地帯なので、雪すらそこに止まっていることが出来ずに吹き飛ばされていました。

もしかすると、月面のほうが見るべきものが多いのかも知れません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.31

車窓から

車窓から
樽前山。
今回は帰れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

北海道出張中

北海道出張中
そして足止め。
帰れません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.17

エピック祭り

・三国志
・封神演義
・西遊記
・南遊記
・古事記
・宇治拾遺物語
・今昔物語
・平家物語
・義経記
・里見八犬伝

青森ねぶたと弘前ねぷたの山車の題材の殆どは英雄伝説から採っていおり、他に例をみないエピック祭りと言えるのではないでしょうか。

題材の面では五所川原の立佞武多も同様ですが、今年はガンダムが登場したらしく、今後は西洋にも目を向け、アーサー王伝説や指輪物語が登場したら嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.05

龍泉洞


今週も天気の悪い青森から逃れて岩手の龍泉洞へ。

美しいエメラルドグリーンの地底湖が見所ですが、今日のように蒸し暑い日は13℃という洞窟内の気温が有難く感じます。

鍾乳石や石筍などに見とれながら順路を辿っていたため、5~6回ほど頭が天井に激突し、少し頭の形が変わりました・・・

DST:43.72km ODO:470km AV:16.1km/h MS:55.7km/h

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧