カテゴリー「甲冑」の103件の記事

2009.05.17

青い海と白い雲と甲冑と

200905171742001
登録はしたものの、しばらくログインしてなかったPlayStation Home にログイン。

要は、よくあるアバターチャットで、着せ替えコミュニケーションの世界。

アバター用の衣服や装飾品に課金するビジネスモデルですが、制作者がいくらでもコピー増産できるデジタルデータ に金を払うのはバカらしいと思って無料の初期状態のまま。

しかし、今回は仕方ないじゃないですか。

だって、Demon's Soul に出てくる甲冑がラインナップされちゃったんですから。

でも、南欧のマリーナを思わせる常夏の世界観を持つPlayStation Home に、甲冑は全く似合いません。

浮きまくりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.12

ヤフオク

一度も利用したことは無いのですが、平均すると一日あたり78.6回ぐらいは「甲冑」でググるような生き様ですので、意外な出品情報を見つけることもあります。

最初はよくある土産物のミニチュアかと思ったのですが、全高192cm の実物大レプリカでした。

@1000円って、鉄屑みたいな価格設定ですが、もうちょと吹っかけても良さそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.09

8人に聞きました

Mask_2
全国的にインフルエンザが猛威を振るう中、私の職場でもマスクを付けている人が増え、とうとう同室内の8人中8人が装着するという状況に。

とはいえ、インフルエンザだけがその理由というわけではないようです。

4人:インフルエンザ予防のため。やっぱり怖いですから
2人:ちょっと咳が出るもので。マナーですから
1人:花粉症対策です。6月になるまでは外せません
1人:マスクって、ちょっと甲冑っぽいじゃないですか

と、中には変わった人もいて、いくらなんでも花粉症対策は未だ早いですよね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.06

東北三大甲冑祭り(暫定)

相馬野馬追【福島】
 甲冑競馬、神旗争奪戦

上杉米沢祭り【山形】
 軍団行列、川中島合戦の再現

仙台青葉まつり【宮城】
 甲冑殺陣演舞

山形は天童市の「人間将棋」も有名ですが、動きが少ないので次点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.17

ベスト・カッチューニスト 2008

全国8千700万人の甲冑マニアの皆様こんばんは。
今年で第5回を迎えたベスト・カッチューニストの発表です。

選考は従来同様に厳正な独断ですが、今年は出来レースだったかも知れません。

初の人類外から栄誉を獲得したのは、鎧熊族の王イオレク・バーニソン陛下です。
今は亡き父親イオファー・ラクニソンも、スバールバルの空から息子の成長を喜んでいることでしょう。

参考リンク
ベスト・ジーニスト 2008
ベスト・カッチューニスト 2007
ベスト・カッチューニスト 2006
ベスト・カッチューニスト 2005
ベスト・カッチューニスト 2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.16

お友達

70047

シュライヒの騎士フィギュアを追加購入。

先に購入したものと同じく「馬上槍試合の騎士」だけど、こちらは鎖帷子の上に黒いプレートメールを着用しています。

馬の頭部にも騎士の鎧に合せた黒地に金鋲の防具が。

軍馬用の全身を覆う鎧も存在しますが、馬上槍試合で騎馬を突くのはルール違反なので、不慮の事故を防ぐための保険なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.06

ディティール

70046
結局シュライヒの騎士フィギュアを買っちゃいました。
所詮は人間、食欲や睡眠欲と同様に甲冑欲には抗いようもありません。

動物フィギュアが得意なメーカーだけあって馬はかなりリアルな造形。
下から見ると蹄鉄までしっかりペイントしてあるし、雄馬であることも判ります。

全体的に見ても、槍が直進方向に対して約25度左に向けられているあたりは流石。
馬上槍試合では対戦者の間に板やロープで障壁を設けますが、その目的は槍を偏向させて衝撃を緩和するとともに折れ易くするため。

一体だけではサマにならないので、お友達も入手することになりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.02

日本甲冑史(上)


日本甲冑史  上巻  弥生時代から室町時代 甲冑本の新刊。

著者はイラストレーターで、既刊に「日本の軍装-幕末から日露戦争」があり、軍装史をライフワークにしているようです。

西洋の軍装史ではオスプレイ社のMen at Arms という素晴らしい叢書がありますが、日本では珍しい試みなので貴重な資料となるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.23

甲冑ニュース

全国8千万の甲冑マニアの皆さん、こんばんは。

まずは映画の話題からです。

見てから読む?映画の原作」によれば、トンケ・ドラフト原作の「王への手紙」が映画化され、ベルギーなどで公開中とのこと。

見習い騎士の少年が主人公ということですし、公式サイトで公開されているトレイラーからは極めて高い甲冑率が期待できそうです。

次のニュースです。

最近、特に無差別な通り魔事件が世間を騒がせており有効な対策が求められていますが、個人的に取れるものとしては現代の甲冑ともいえる切創防護服があります。

当初は軍隊や警備会社向けに作られていましたが、世相を反映して、一般市民の着用を想定てスーツに合わせられるベストGジャンタイプ、更には軽装のTシャツタイプなども出てきました。

注意点としては、切創防護服はカッターなどによる切り付けには有効ですが、刃物の先端による突き刺しや鈍器による打撃には効果がないこと。

あらゆる危害に備えるためには、やはりプレートメールを着用するしかないのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.05

ビバ!甲冑

Img_0107
今日は甲冑祭り。

日本全国で様々な甲冑が飾られたり場合によっては着用に及んだりしていることと思われますが、私の場合はプレイモービルの2段飾り。

プレイモービルには沢山の”甲冑もの”があるので、将来的には7段飾りにチャレンジしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧